うなじに残る体毛がとても気に入っていることについて

毛8
今の人は比較的どこのムダ毛でもしっかりと処理をしてしまうと思うのですが、実際には自分で処理をしにくい部分もありますし、そういった部分は手をつけずそのまま放置してしまいます。特に襟足に残る体毛が多いのですが、その部分も全く気遣わず、まとめ髪をすることもよくあります。

 

かっちりとしたまとめ髪を剃る時にはピンでとめれば問題もありませんし、逆に少し遊ぶよう残したい場合には、自分の体毛を利用できるのでむしろ便利に感じてしまいます。その時期によってもヘアスタイルの流行というのは変わるのですが、それでも後れ毛の少しだけ残るヘアスタイルというのは、どこか可愛らしさを感じるものです。

また、この部分に残る体毛の色もあまり黒くはなく、むしろ自然な茶系なのでヘアスタイルもまとまりやすいです。実際に友達にも遅れ毛が綺麗に残りやすい髪質も羨ましがられることもありますし、自分でもかなり綺麗に後れ毛スタイルを作れる方だと思います。

 

時代が変わればそのうちに、この後れ毛も必要なくなるのではないか、と思うこともありましたが、実際には後れ毛スタイルというのは常に流行しており、今ではソフトに細かな巻き毛をヘアアイロンで作るスタイルが非常に人気となっているのです。

 

ネットなどでもヘアスタイルのデザインはいくつかありますが、むしろ無理矢理後れ毛を出しているようなイメージのものの方が多いです。それよりは自然にスタイリングをすることができるので、この体毛というのはかなり貴重なように感じます。結婚式の時にもこの部分をシェービングするかと言われましたが、あえて断ってしまいました。

 

それくらいに、うなじに残る毛の感じが自分でも気に入っているのです。あまり熱心にこの部分を手入れするよりは、自然な感じで残しておき、ヘアスタイルを作る場合にも、ラフでこなれ感のあるイメージに仕上げるのがとても好きなのです。